株式の譲渡の税率と申告の方法を教えてください。

株式譲渡益課税について株式譲渡の課税の原則は、申告分離課税で他の所得と区分して税金を計算します。
A、一般口座
・自ら年間の譲渡損益を計算し、確定申告します。税率は、平成19年12月31日まで売却益の10%(所得税7%、住民税3%)です。
B、特定口座 + (源泉徴収)
・証券業者等が年間の譲渡損益を計算し、売却益の10%(所得税7%、住民税3%)の税率で源泉徴収されます。
・確定申告は基本的に不要です。ただし他の証券会社で赤字の取引がある場合などで特定口座年間取引報告書を合算して自分で確定申告を選択することもできます。税率は、売却益の10%(所得税7%、住民税3%)です。
C、特定口座 + (簡易申告)
・証券業者等が年間の譲渡損益を計算した特定口座年間取引報告書にもとづき、自分で確定申告します。税率は、売却益の10%(所得税7%、住民税3%)です。


コメントを残す